レートは比較的大きく動くオセアニア外貨

FXの取引を検討している方は、たまに高金利外貨に注目しています。
オセアニア外貨もその1つです。
ニュージーランドドルなどは、金利は比較的高いです。
しかし、オセアニア外貨は比較的大きく動きますし、デイトレで活用される事もあります。

スワップ金利が比較的高いオセアニア外貨

銀行の普通預金口座を保有している方は、たまに金利に関する不満を抱えています。
銀行にお金を預けておけば、確かに利息を受け取る事はできます。
ただ利息の数字は、それほど高くはありません。

たとえ定期預金の口座でも、金利は0.1%未満になっている事も多々あります。
それに対してFXの高金利外貨は、金利は比較的高めなのです。
ずっと外貨を保有し続けていれば、比較的大きな金額を受け取れる事もあります。

高金利外貨の代表例は、トルコリラです。その他にも、ニュージーランドドルに注目している方も少なくありません。
トルコリラほど高くありませんが、それでもユーロなどの外貨よりは金利は高いです。少なくとも銀行の普通預金よりは金利は高いですし、オセアニア通貨はおすすめという声も根強いです。

比較的レートが動くニュージーランドドル

ところで冒頭でも触れた通り、ニュージーランドドルはデイトレで活用されるケースもあります。
そもそもデイトレで取引するなら、レートが大きく動いてくれる方が望ましいです。
せっかくポジションを建てても、なかなか外貨のレートが動いてくれなければ、利益も発生しづらくなるでしょう。
頻繁にレートが動いてくれる外貨の方が、取引しやすい訳です。

その点、南アフリカランドはおすすめできないという声もあります。南アフリカランドは、確かにあまり動きません。1日待っていても、殆どレートが動かない事もあります。

その点ニュージーランドドルは、比較的よく動くのです。経済に関する大きなニュースが流れた時は、1日に1円以上動く事もあります。ですから人によっては、ニュージーランドドルでデイトレ取引をしています。
ただしレートが大きく動く以上、リスクも若干大きくなります。他の外貨と同じく、リスク対策も必要です。

金利が高めでデイトレにも向いている

しかもニュージーランドドルは、金利はかなり高めになります。
少なくともドルやユーロなどの外貨と比べると、明らかに金利は高いでしょう。
ちなみに豪ドルも、かなり金利は高めになっています。

そのオーストラリアの外貨も比較的よく動きますし、デイトレで活用される事も多いです。
つまりオセアニア外貨はレートが大きく動く上に、スワップ金利も高めになっている訳です。ある意味「万能な」外貨であるという声も多いです。