安心して海外FXをするために知るべきこと

どのような不安要素があるのか

副業でFXをするときは海外の業者にするとレバレッジが高く、一獲千金を狙えるため誘惑されることもあります。

また、口座残高不足になっても追加証拠金を請求されないため借金を背負うリスクがなく、新規口座開設や入金でボーナスをもらえ元手にトレードをすると少ない資金でできて便利です。

しかし、あくまでもメリットを強調する業者も多く、不安要素を解消してから始める必要があります。不安要素は近年では倒産する傾向があり、信託保全が義務化されていないため資金管理が曖昧で預けた金額を失うことになることです。

また、日本語に対応していないと問い合わせができなくなり、トラブルが起きてしまうと何もできなくなります。

このため、海外の業者は日本の金融庁の許可を受けていないため利用を推奨していないため、事前に不安要素を確かめて始めるようにしないと失敗するリスクが高いです。

どのような点を確かめるべきなのか

海外FXをするときは許可を受けて営業しているか確かめる必要があり、金融ライセンスがあれば出金や約定を拒否されるリスクを回避できます。

また、資金管理で信託保全であれば倒産しても預けた金額を取り戻せるため、事前に確かめれば損失を受けにくくて安心です。業者のサービス内容はすべて同じではなく、スプレッドやボーナスキャンペーン、口座タイプなどを比較して決める必要があります。

また、トラブルが起きても問い合わせができるよう日本語に対応しているか確かめ、電話やメールなどの方法や対応する時間を確かめて決めることが大事です。
対応する時間は24時間であれば不安を解消しやすく、日本人スタッフがいれば電話でスムーズに対応してくれるため安心できます。

事前に口コミや評判を確かめよう

副業で海外FXをするときは不安要素が多く、口コミや評判があれば選ぶきっかけになります。トレードをするときは利益を積み重ねるように考え、新規口座開設や入金でボーナスがあれば元手にすると準備する資金を減らせて便利です。

レバレッジは最大で1000倍になることもあり、少ない資金でも一獲千金を狙えますが出金拒否をされれば無意味になります。

また、近年では海外の業者が倒産しやすいため、口コミや評判などで経営状況を確かめてから選ぶことが望ましいです。

副業で海外FXに挑戦すると一獲千金を狙えますが、ボーナスキャンペーンなどの誘惑に負けて詐欺の被害にあわないよう事前に調査してから始める必要があります。